ストレス


登校拒否、拒食症の相談

思春期から青年期早期には「自分意識」をめぐり、学校や家庭、あるいは対人関係上の問題、本人の目標の不確実性、対人意識過剰、自己不全感が急増し、登校拒否、拒食症、過食症という状態になることがあります。患者の自らの解決への主体的努力を支援します。


ストレス(状態)の治療

現代はストレスの多い社会です。私達は学校や職場における心理的負担、親子問題などでいろいろなストレスを受け、様々な症状のため悩むことが多くなりました。不眠、いらいら、緊張、頭痛、食欲不振などであります。ストレス関連症状を治療すると共に、今後ストレスを予防することが大切です。そのため、いろいろな形でのカウンセリングが必要です。ストレス関連の症状は以下の如くです。