不眠相談

睡眠は人間にとって大事な生理現象で、ひとは一日のうち3分の1は眠っています。不眠症にはいろいろな型があります。

1 寝つきが悪い(入眠困難)
2 夜中、途中で目覚める(途中覚醒)
3 いつもより、とても早く目覚める(早朝覚醒)
4 睡眠時間数が少なくて済む(睡眠時間の減少)
5 睡眠パターンがおかしい(睡眠覚醒リズム障害)
6 熟睡した感じがなくなったり(浅眠)

それぞれの型の不眠には様々な原因があります。あまり神経質になる必要はありませんが、原因を早く発見し、その対策を立てる必要があります。